• 診療所紹介
  • 診療内容
  • 当院の治療法
  • 実際の症例
  • ドクター紹介
  • 交通アクセス
噛み合わせへのこだわり
顎関節症 こだわり 2013国際学会 診療案内 大分県別府市亀川中央町29-19
TEL(0977)67-1900

日曜・祝日は休診とさせていただきますが、急患の場合診療いたします。

症例
「顎が鳴る=噛み合わせが悪い」と、よく言われます。
「噛み合わせ」と聞くと「歯」に目が行きますが、実は噛む 動作には正常な顎の動きが重要となってきます。
食べ物がよく噛み砕けないのは顎がズレ、動きが悪いため なのです。

噛む時の下顎は、ヤギのように左右、前後に顎を動かしなが ら、噛みつぶしやすい所を探して磨り潰し、唾液と混じり合 わせペースト状にしてから飲み込みやすくしています。 この顎の軸が下顎頭なのです。

噛む時、喋る時、常に顎は動いています。
下顎頭の運動範囲が狭いと前歯で甘噛みも出来ず麺がすすれ ない、奥歯で食べ物をペースト状に出来ず無理やり飲み込む から、消化が悪くなりいつも胃に不快感がある等の症状が出 る場合もあります。

ですから当院では顎を正常な位置へ誘導してから正しい噛み 合せを造る治療を行います。